無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第140話

121


🐰そうやって、ひょんのことを応援してくれた人をなかったことにするんですか?





🐥ぐが…





🐥そうだね、ごめん。




🐥たしかに、俺の好きな人だったよ。けど、もう本当に大丈夫だから。





🐥俺にとってはいい思い出。








🐥ぐが、あなた ‘ さん ’ を幸せにするんだよ




🐰ひょん…別に呼び捨てでもいいんですよ?笑




🐥ありがとう。なんでぐがはほんと、こんな可愛いのかなぁ笑








あ、ひょん強がってる。





泣きたいのを我慢してる。






本当はまだ、あなたのこと好きなんでしょ?





知ってますよ___