無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16


JKside



ここのレストラン、さっき あなたちゃん と あいりんちゃん が話してるの聞いたからここにしたんだよね☆((え








ま、僕も前から気になってたから。ひょん と久しぶりのご飯ってことで。



ひょん には あなたちゃん のこと好きなのか尋問しないと←






🐥さぁ、ぐが!



🐰ん?



🐥スマホいじってないでなに食べるか決めなさい!




🐰あ~はいはい。じゃあ、これで。



🐥え~これ絶対辛いやつじゃん~



🐰あ?辛いの食えないんですか?ひょん?




🐥はぁ?!普通に食えるし?べっ別に辛過ぎるのが苦手とか?そんなわけじゃないから?え?ん?





いや、わかり易すぎるだろ( ˙-˙ )



ひょん ってこんなに嘘つくの下手くそだったっけ?







👤ご注文はお決まりでしょうか~




🐰はい。え~と、この激激辛を2つください。



🐥え?!ちょ、ぐが?!



👤かしこまりました~!激激辛2つ入りました~!




へっ、これで ひょん がほんとに辛いの苦手か確かめられるぜっ←




👤あっ!お水はセルフサービスで、あちらにあります!




🐥は、はい~




🐰じゃあ、僕 水取ってきますね。



🐥お願い~、僕にはたくさん水持ってきてね。




🐰ん~考えておきます←