無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第141話

122




🐥ふぅ。




🐰じみにひょん。




🐰俺がこういうこと言うの変かもしんないですけど、、、




🐰あなたのこと、諦めてないですよね?







🐥…





🐥どうだろ。








🐥頭では諦めてるんだけどさ、





🐥身体は、あなた をみると話しかけようとして、あなたに近づいていくんだ。





🐥でも、、ぐくの彼女だから、俺、頑張って我慢して。






🐥あなたにも話しかけないで、かとくもしないで、なるべく関わらないようにしてる。




🐥彼女できたときはふっきれたと思ったんだ笑
でもさ、俺の彼女 あなたペンだから、話す度に思い出しちゃって。
会っちゃったら、またあの時の気持ちが出てきて。
話してみたら、好きだなぁって思う瞬間が何回も何回もあった。






🐥ごめん、ぐく。俺はまだあなたが好きだよ