無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第78話

73



Youside



なんかね、夜中に目覚めたのわたし。






そしたらじょんぐくさんのお顔が目の前にあって、びっくりして動いたら



じょんぐくさんのほっぺにわたしのお口がぶつかったよ←←



それで恥ずかしくて布団被ったら、じょんぐくさん、寝惚けてわたしに抱きついてきたんだよ。


なんかいろいろやばかったけど、気づいたら眠ってて、起こされました🙃







朝見たらなんか恥ずかしくなって早く帰ってきちゃったよおお



なんか、申し訳ないから…
you かとく
さっき、急いで帰っちゃってごめんなさい!!
じょんぐく  かとく
じょんぐく かとく
んーん!大丈夫だよ!
じょんぐく  かとく
じょんぐく かとく
また、ひょんに嫌なことされたら言ってね笑
you かとく
はい!ありがとうございます!



てか、おっぱからの通知が大変です((



ちんちゃうるさい


ちんちゃだまれえええええ




おっぱってこんな嫉妬深かったっけ___?