無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12


JKside








状況掴めないんだけど( ˙-˙ )




🐰ひょん、もう一度言ってください...



🐥いや、だからね、 あなたちゃん と、ぶつかっちゃったの!



🐰...


やっぱり理解できないです(^^)






🐥あ~それと、かとくも。←





か、かとく?かとくってなんだっけ?ん?あ、あれか?かかお?かかおはチョコレートの原材料であって..←




やだよ?!俺の あなたちゃん が! ひょん にとられる!




待てよ、 ひょん って あなたちゃん のこと好きなのかな?






🐰ひょ、ひょん。大事な話があります



🐥ん?でも、今から本番だし。今日はどっかに食べに行く?




🐰あ、じゃあ ひょん の奢りでありがとうございます←←



🐥えぇ、いつも僕の奢りじゃん~



🐰年上は年下に奢ることになってるんです( ˙-˙ )




🐨ほら、変な事言ってないで早く行くよ!スタッフさん達待たせたらダメだからね!







って言われながら 僕 と ひょん は なむじゅにひょん に連れてかれました←