無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第152話

129






______
(がちゃ


🐤ぐく…いる??





🐰! ひょん…







🐤あ〜なんて言えばいいんだろ。




🐰…やっぱりさっき あなた といたんですか??







🐤……うん。







🐰笑笑





🐤なんで?わらってるの??





🐰いや、僕、もう、あなたのこと好きじゃないんでちょうどよかったです。




🐰ひょん、あなたのこと頼みましたよ笑笑





🐤…は?


















ぐく…俺は何年もお前といたからわかるよ、










その言葉は確実に嘘だろ?























🐤┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈🐤

今日はわたしの推しのぱくじみんのセンイルです🥳


ということで、新作!🥳🥳🥳🥳🥳🥳




『推し』です!!!

もちメインはじみん!



ほしとはーとまってますううう💖💖