無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21

Youside



なんか、あの後おんに達が水 水 って言ってきて、全員分の持っていかないと行けなくなりました(^^)



くそっ、あいつら何考えてんだよ!わたしは一人しかいないんだよっ!とか一言ぶちかませばよかったかしら((え




🐥あれ?あなたちゃん!



あら、とうとうわたしは幻聴まで...



🐥あなたちゃぁぁあん!無視しないでよ~笑




うん、やばいわ。好きな人が見えるよ(



🍎な、なんでしょうか...



🐥そんなにコップ持ってたら大変でしょ?手伝うよ!



🍎え...あ、大丈夫なので!



🐥ん~でもなぁ。水こぼしたら大変でしょ?あなたちゃん の おんに 達に怒られちゃうんじゃない?笑



🍎う、たしかに...



🍎じゃあ、お願いしてもいいですか?



🐥うん!是非!(にこっ



うわわ、きゅんってした、きゅんってした。

今のできゅんってしない人はいないです。無理です。急にあの糸目をされるとか。はい。もう無理です(黙



🐥あなたちゃん 顔赤いよ?大丈夫?



とかいって顔近づけてくるんですが何事ですか。





🍎だっ、大丈夫なので!



お前のせいだわあほっ!←←←




🐥そっかそっか。あっ、ここの激激辛のやつ食べない方がいいよ笑



🍎なんでですか?



🐥あれは、人間が食べるものじゃない笑笑



🍎え~そんなことないですよ笑笑


🍎え、もしかして じみんさん って辛いのダメなんですか?(にや




🐥はぁ?!違うよ?!笑



🍎うわぁ、嘘つくの下手くそ~笑



🐥もうっ、笑



とか言いながら頭ぽんぽんしてきたんですが何事ですか←