無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

#15 チョンくん?の仕事。
ガラガラガラガラ__________












🐰「なにつったってんの。

そこのあなたってやつ。



俺の担当看護士でしょ。

ほら、行くよ。」


☀️「え、寝てなくていいんですか?」


🐰「堅苦しいねぇ、同い年なのに。

タメでいいよ。



え、なに?

担当看護士なのに忘れたの?

医者になれねぇーぞー笑笑

俺はただ記憶喪失しただけだし

もとはバリバリ元気だっての笑」






案外、担当看護士って言葉を

連呼されてまして、



メンタルやられちゃってます。🔪グハッ







☀️「ンンッ、で、お仕事とは?ニコッ」


🐰「へっ笑笑

お隣に行ったらわかるよ。」


























207号室__________ガラガラガラガラ__________


























🐰「ジミナ〜テヒョナ〜

本読むぞ〜。」


🐥「あっ!ヒョン!」


🦁「ヒョンだぁっ!✨」


🐰「おう!2人ともちゃんと寝てるか?」


🦁「ジミナねー最近寝なかったんだよ?」


🐥「あ!テテ言わないで!」


🦁「あのね〜笑

今日来るヌナが楽しみだったんだって!

グクは?寝れた??

それともジミナみたいに

このかわいいヌナが来るの…

楽しみだったの?!😃」


🐰「ちゃんと寝れたよ笑笑

俺とジミナを一緒にしない笑」


🐥「グクひどい!

ほんとは楽しみだったくせに!」


🐰「なっ、なに言ってんだよー笑」


🐥「僕知ってるもんね〜笑笑

グクがいつもの看護士さんに

色んなこと聞いてるとこ見たもんね〜笑」


🐰「ジミナ。本読まねぇぞ。( ˙-˙ )」


🐥「えぇ😢グクごめん〜。」


🐰「よし。これから変なこと

一切あの人の前で言うなよ?」


🐥「うんっ!



あっ、でも…ヌナたちかわいいから

僕いっぱいお喋りしちゃうかもっ!」


🦁「テテも!テテも!」


🐰「俺たちの秘密は言わないって

約束できるか?」


🦁「うんっ!できる!」


🐥「ジミナもできるよ!」


🐰「よしっ。じゃあ今日はこれ読もっかな。」





















グクくんが…






















私が来るのを楽しみにしてた…?



































まさかまさか笑笑









































🍭「あなた何ニヤけてんの。笑」


☀️「あっ、いやいや別に笑」


🍭「ってかさ!可愛い子でよかった😍

来た瞬間ハグされてさっ!


ヌナ呼びとか…🔪グハッってね♡

これからもつかなぁ〜♡




で?あなたは?

あなたんとこ

イケメンじゃんか。( ˙-˙ )」


☀️「え。思ってる?」


🍭「うん。一応。彼、名前は?」


☀️「あーっと…



















チョンジョングクさん」


🍭「うぇっ?!」


🐰「君たち静かにしてて。

俺だって仕事中。」


☀️&🍭「はい。」



🍭「もしかして…あの…例の?ヒソッ」


☀️「顔も似てるんだけど…

性格が真反対( ˙-˙ )ヒソッ」


🍭「あらー。ヒソッ」


☀️「記憶喪失してるから、

多分過去の記憶ないしね笑

私のこと知ってても知らなくても

誰?って感じだったし。

あのグクじゃないよ。、ヒソッ」


🍭「そっか…」

















🐰「お、し、ま、い、。

今日のも面白かったな!」


🐥&🦁「うんっ!」


🐰「じゃあ、今日の読み聞かせは

終わりっ!じゃあな!」


🦁「えー…ヌナも帰るの?」


☀️「わっ、私?笑

そうだね〜笑グクくんの担当だし、

また明日ね!」


🐥「あっ!じゃあじゃあ!

今度は、ジミナたちが

ヌナとグクに会いに行くね!」


🦁「グクいい?」


🐰「たまにはな笑」


🐥&🦁「やったぁ!」


🐰「じゃあな。」


🐥&🦁「ばいばいっ!グク〜!

と可愛いヌナっ!」




















ナヨンが言うのもわかる気がする笑笑













🐰「次、行くぞ。」


☀️「あっ、はーいっ!」



















👴「おぉ。グクや。

彼女さんかね?」


🐰「ユンギさん笑笑

違いますよ笑僕の担当看護士です笑」


👴「おや、可愛い笑」


🐰「言ってたもの届けに来ましたよ。」


👴「おぉ〜。ありがとう😊」


🐰「いえいえ。

具合はどうです?」


👴「今のところは大丈夫じゃ。」


🐰「なら良かったです😊



それでは。」


👴「はい😊ご苦労さん。

彼女さんと仲良くね笑」


🐰「だから、違いますって笑笑」




























こんな会話をいろんな人たちと

毎日しているようで、















彼はあちこちでグクと呼ばれてました。

























🐰「わかった?これが

俺の仕事。」






















































彼の仕事は



































本当に根が優しい人じゃ

できない仕事でした。


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

☀️はるな。
☀️はるな。
初心者です🙇‍♀️💦
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る