無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

#7 それから
🐰「んじゃぁな。」






























☀️(グクッ……!待って!)








え、、声が…。


































☀️(待って!、、、

まって…。





マッテ………………。)

































☀️(グク……

グク……









グク………)









































ピピピピッピピピピッ__________














☀️「あっ…。」






また、あの時の夢…
























今日から高校3年になるってゆうのに___









グクはあの日から

夢でしか会えなくなってしまった。

























☀️「もう夢じゃなくて

普通に会いたいよ…。」












呟いたところで、グクは

帰ってきてくれるわけじゃないんだけど




わかってるけど…














やっぱり、寂しいなって…笑





















朝から考えごとをしながら

ゆっくり準備して学校へと向かう。















ここで私

あなたは優等生だからさ、





よくマンガであるような

夢から覚めて

「うわぁっ!」ってなって

学校へ走るタイプではないこと








覚えといてねっ!👍笑笑




















































さぁ、学校だ。















































これから起こる

高校3年の一学期












早速起ころうとしている事件に


















































あなたはまだ、気づいていない。


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

☀️はるな。
☀️はるな。
初心者です🙇‍♀️💦
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る