無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#3 過去ソシテ気づいたこと
__________ ツヅキカラ __________























この世で見たくないものを

見てしまった気がする















🐰「あなた……って、おいっ!」























グクの顔が見れなくなった。

呼ばれてるけど、







そんな場合じゃなかった。







とりあえずその場から

離れることに必死だった。




























ずっと私といたグクが

違う子とキスをしていて







ずっと、一緒にいると思っていたのに。























いつもいつも一緒なのが当たり前だったのに…。
















グクが離れていく気がして




心が締め付けられたように苦しくって























自然と涙がでてくる。




































あぁ。私。








































グクに恋してたんだ。





























































そんなことを考えながら

大量に流れてくる涙をふきながら、






ひたすら走った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

☀️はるな。
☀️はるな。
初心者です🙇‍♀️💦
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る