無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

#9 医科大学病院へ行きたいワケ
なぜ、この私が


















__ 医科大学病院 __







なんて、いい所へ


職場体験へ行きたいかってゆーと。















まぁー、
























話せば長くなる。ウン。































けど、結構カギなポイントだし、


話しておくネ。


































あれは、4歳の頃。



まだ、グクのことを


グぅちゃんって呼んでた。
























ある時、グクのオンマが



病気で倒れて。






















亡くなった__________
























グクはずっと泣いていた。







グクのアッパは


グクが生まれる前にいなくなって、











グクには家族が…
























いなくなった…。




























そこで、私は






☀️「グク!泣かないで!

あなたがね、

きっとおいしゃしゃんになって、

グクのオンマを助けるから!」

















🐰「ッグスッ。あなたーーー。

ありがと。

僕も泣かないで、あなたを

ずっと応援してるね。」












☀️「うんっ!」




































こんな小さな時の約束だったけど、





今では本当に私の夢で、














まさか、高校1年で出会った


ナヨンも…









🍭「私、ナヨン。

あなた…頭良さそう!

私、夢は医者になることなの。

自己紹介で医者になりたいって

言ってたよね…?

あなたちゃん。?」




☀️「あなたでいいよ笑

ナヨン…笑」















って仲良くなって、






それからずっと私たちは



























医者になることが夢。



















































だから、職場体験に

医科大学病院があって


選んだってわけ。





























































でも、この医科大学病院で












私にとって


























最高で最悪な事件が起こることを































































私は、まだ知らない。__________



















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

☀️はるな。
☀️はるな。
初心者です🙇‍♀️💦
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る