無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

#18 衝撃の事実
__________ ガチャッ __________













☀️「オッパ〜。ただいまー。」


🍴「おー、やっあなた。

おかえり😊

初日はどうだった?」


☀️「あー…そのことなんだけど…。」


























やっぱり、自分の中で

206号室の“チョンジョングク”が

幼馴染のグクじゃないかって、

思ってたりしてて…。

























別に根拠も何も無いけど、






















オッパにグクが今どこで何してるか









聞こうって思った。






















☀️「オッパさ、


グクってゆー私の幼馴染…









覚えてる?」





🍴「あぁ!グガ!

そうだそうだ!

あなたにゆってないことが

あるんだよー!

あぁグガグガグーガ♪








ほら!これ!!」












変な歌を歌いながら

オッパが出してきたのは、


3年前のグクからの手紙と

最近届いたっぽいグクからの手紙だった。

















☀️「これ、読んでいいの?」


🍴「グガはきっと読んで欲しいと思うよ

僕、この手紙最近開いてさ、

グガがね、病院にいることが

わかったんだよ。

それでね、グガ…

昔の記憶がないらしくって、

友達で覚えてたのが僕だけ

だったんだって。

それで僕さ、あなたも覚えてないのか

聞いたらさ…












思い出せないけど、一緒に

手紙を読んで、会いに来て欲しいって。
























今ちょうど、医科大学病院にいるんだって。

部屋番号は書いて置くから、

明日、暇のあるとき、行ってあげて。」


☀️「え。うん。わかった…。」






























そして、オッパに貰った手紙と

部屋番号の書いてある、

紙を見た。






































そこに書いてあった部屋番号は__________



































206号室、チョンジョングク




































私の担当の

“チョンジョングク”の部屋番号だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

☀️はるな。
☀️はるな。
初心者です🙇‍♀️💦
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る