無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

320
2021/01/24

第3話

とんでもない美人


テヒョンside









なんだか最近クラスが騒がしい

皆、チャイムが鳴ったら廊下に出てる。




いつもは気にしてなかったけど、

今日は気になったから見てみた



taehyung
taehyung
  ん??  



男子
『うお!! 出てきた! やっぱり今日も美人だなぁ』
女子
『あ! 目合った!! やばい!!!!』




皆がキャーキャー行ってる方を見てみれば、



taehyung
taehyung
  わっ  



そこにはとんでもない美人が居た



taehyung
taehyung
  ………  



僕は一瞬でその子に惚れてしまった



taehyung
taehyung
  ねぇ  
taehyung
taehyung
  あのこだれ??  



あの子の事が知りたくて、

同じクラスの男子に話しかける。



男子
『え?あぁパク・あなたっていう子らしいよ』
男子
『昨日転入して来たんだって,高嶺の花だよなー』



taehyung
taehyung
  ふーん  



チャイムが鳴った後も、頭はあの子でいっぱいだった。