無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

No.3 やふへゐ先生
私はいけない恋をしてしまった



塾の先生



好きになっちゃいけないってわかってる



でも好きになってしまった








































※個別設定









you
you
せんせー。
ここわからんー!!
やふへゐ先生
やふへゐ先生
んー?
あぁこれか。これはここが………
you
you
(先生かっこいいな…💭)
やふへゐ先生
やふへゐ先生
おいあなたちゃんと話聞いてるか?
you
you
えっ!
あっえっとこれがこうなるんですよね!?
やふへゐ先生
やふへゐ先生
あなた慌てすぎ。
しかも全然違う
やふへゐ先生
やふへゐ先生
ちゃんと話を聞きなさい
you
you
ごめんなさい…






























































授業が終わり






















































you
you
先生一緒に帰ろーよ
やふへゐ先生
やふへゐ先生
あなたが一緒に帰ろって言うなんて久しぶりだな。なんかあったか?
you
you
んーん。先生と一緒に帰りたい気分なだけ!
やふへゐ先生
やふへゐ先生
そっか。笑
じゃあ帰るか!









































私の家は先生の家と本当は真逆



でもたまにこうやって一緒に帰るときには嘘をつく



先生の家の前まで行くと絶対言ってくれる言葉があるから

































































































やふへゐ先生
やふへゐ先生
もう夜遅いし泊まってく?






この言葉に甘えてしまう



これでもう何回目だろうか



先生といけない関係



本当はだめだよね













































朝、先に目を覚ました




ピロン♪



先生の携帯から



先生はその音で起きる



LINEを確認し、手紙を書いていた



服を着替えた後私に



「ばいばい」



そう一言残し家を出ていった



先生は私が知らないとでも思ってるのかな


































































































































































































先生に彼女がいること




































































































あなたへ
朝起こさなくてごめんな。
ちょっと用事あるから出かけてくる。
あなたも暗くなる前に家帰れよ。