無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

51
2020/11/29

第6話

心に固く決めたカラ
カエル顔の医者
カエル顔の医者
彼の能力は記憶操作(マインドハウンド)と言っていてね
カエル顔の医者
カエル顔の医者
その名の通り記憶に関する能力だとは思うのだが
カエル顔の医者
カエル顔の医者
詳細はあかされていないんだ
御坂美琴
御坂美琴
そうですか...やはり、記憶に
カエル顔の医者
カエル顔の医者
彼女の状態について今日聞きに来たんだったんだね
御坂美琴
御坂美琴
はい
カエル顔の医者
カエル顔の医者
記憶を無くした後遺症的なものかもしれない
御坂美琴
御坂美琴
後遺症?
カエル顔の医者
カエル顔の医者
空間移動の演算が難しいのは君でも知っているよね
御坂美琴
御坂美琴
はい
カエル顔の医者
カエル顔の医者
痛みや毒。頭脳の計算を狂わせるもの全てや
カエル顔の医者
カエル顔の医者
少し演算をミすれば空間移動出来なくなる
カエル顔の医者
カエル顔の医者
それと同じように
カエル顔の医者
カエル顔の医者
彼女の頭は繊細なんだね
御坂美琴
御坂美琴
繊細
カエル顔の医者
カエル顔の医者
能力の当たりどころが頭だった事からその繊細の部分が壊されているのかもしれないね
カエル顔の医者
カエル顔の医者
だから、必要以上に君に執着する
御坂美琴
御坂美琴
あの、ひとつ
御坂美琴
御坂美琴
黒子は1度「心理掌握」に記憶を操られています
御坂美琴
御坂美琴
それとは
カエル顔の医者
カエル顔の医者
心理掌握かぁ
カエル顔の医者
カエル顔の医者
心理掌握の子はLv5かい?
御坂美琴
御坂美琴
はい
カエル顔の医者
カエル顔の医者
レベルが高くなれば能力に慣れる
カエル顔の医者
カエル顔の医者
Lv5の子なら
カエル顔の医者
カエル顔の医者
加減はできるのだろう
カエル顔の医者
カエル顔の医者
心理掌握はどちらかと言えば脳に調節言い欠けるようなものだからな
カエル顔の医者
カエル顔の医者
もしかしたらその能力は脳に直接当てるものではないのかもしれないね
御坂美琴
御坂美琴
そう
カエル顔の医者
カエル顔の医者
こちらでももう少し調べてみるよ
御坂美琴
御坂美琴
お願いします
黒子の記憶を取り戻すためには
詳細が明かされていない能力について調べるしか無い




















白井黒子
白井黒子
お姉様!
御坂美琴
御坂美琴
黒子
私の能力を応用すれば簡単に調べる事は出来るけれど
今の黒子を1人寮に残して詮索する訳には行かない
何処かで時間を作らなければ
白井黒子
白井黒子
お話は終わりましたの?
御坂美琴
御坂美琴
うん
白井黒子
白井黒子
そうですの...
白井黒子
白井黒子
それで、先生は何と?
御坂美琴
御坂美琴
あまり気にしすぎないでって
御坂美琴
御坂美琴
何ともないから
御坂美琴
御坂美琴
黒子は心配しないで
白井黒子
白井黒子
申し訳ありませんの
白井黒子
白井黒子
本来なら私も聞かなければならないのに
御坂美琴
御坂美琴
いいのよ
御坂美琴
御坂美琴
その方が
黒子が学園都市の闇に手を出さなくて済むから
それに、これ以上悲しい顔はさせたくない
御坂美琴
御坂美琴
今日は2人して学校休みましょうか
白井黒子
白井黒子
えっ?
白井黒子
白井黒子
でも、今から行けば3時限には間に合いますわよ?
御坂美琴
御坂美琴
1週間休んだうえ遅刻です。なんて言えないでしょ?
白井黒子
白井黒子
でも、お姉様は
御坂美琴
御坂美琴
私は大丈夫よ。だから今日良いわよ
白井黒子
白井黒子
.....
御坂美琴
御坂美琴
規則なんて破ってなんぼよ
ただでさえ真面目で
規則を破ると言ったら、寮の門限と寮での能力の使用だけ
まぁ。それを当たり前にさせたのは私なんだけど
息抜きだって必要よね
今まで頑張ったご褒美よ
御坂美琴
御坂美琴
何処か行きたい所ある?
白井黒子
白井黒子
お姉様と居れれば何処でも良いですの
御坂美琴
御坂美琴
そっ。でも、寮に帰れば僚艦に酷い目に会いそうだから
御坂美琴
御坂美琴
何処かで時間潰さないとね
白井黒子
白井黒子
はい
白井黒子
白井黒子
お姉様
御坂美琴
御坂美琴
なに?
白井黒子
白井黒子
ありがとうございますの
御坂美琴
御坂美琴
別に。良いわよ
黒子の為なら
黒子の為になるなら
私を守ってくれたこの子が笑顔でいれるなら
安らぎ之場所でもなんであろうとなってやる
もう二度と傷つけないと決めたから
今度はしっかり、後輩を先輩らしく
超電磁砲として
常盤台のエースとして
私を好んでくれたこの子のため
そう固く心に決めたのだ
白井黒子
白井黒子
何か食べたいですの
御坂美琴
御坂美琴
朝ごはん食べたでしょ?
白井黒子
白井黒子
お腹すきましたの
御坂美琴
御坂美琴
早くない?
御坂美琴
御坂美琴
まだ、そんなにたってないわよ
白井黒子
白井黒子
空きましたの!
御坂美琴
御坂美琴
わかった!分かったから怒らないで
白井黒子
白井黒子
.........むぅー
御坂美琴
御坂美琴
なんか食べに行こ!ほら!
白井黒子
白井黒子
あ!ちょ!お姉様!
黒子の手を引き走り出す
いつかのような懐かしさを感じながら