無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
46
2021/01/15

第10話

やっぱり、嘘はつけないや
御坂美琴
御坂美琴
黒子〜?
白井黒子
白井黒子
なんですの?お姉様
あれから、数日。
少しづつ黒子も学校に慣れてきた。
だが、学校に行くようになってからというもの、寮の部屋で一緒に居る時は黒子は私にベッタリとくっついて離れない
猫みたいに喉をゴロゴロと鳴らして、嬉しそうに笑う黒子が可愛くて、ついつい甘やかしちゃうのは私の意思なんだけど
御坂美琴
御坂美琴
黒子...
白井黒子
白井黒子
はい
御坂美琴
御坂美琴
好きよ
白井黒子
白井黒子
え?
御坂美琴
御坂美琴
黒子が好き。
御坂美琴
御坂美琴
結構遠回りしちゃったけど、黒子が好きなの
白井黒子
白井黒子
お姉様?
御坂美琴
御坂美琴
だから。白井黒子さん。私と付き合ってください
白井黒子
白井黒子
えっ。、あ、えっと。その
白井黒子
白井黒子
私なんかで
御坂美琴
御坂美琴
うん。黒子がいい
御坂美琴
御坂美琴
黒子じゃないとダメ
白井黒子
白井黒子
でもでも!今の私は
御坂美琴
御坂美琴
うん。それでも好き
白井黒子
白井黒子
でも、
御坂美琴
御坂美琴
今の黒子も昔の黒子も大好き
御坂美琴
御坂美琴
この気持ちは嘘じゃない
御坂美琴
御坂美琴
黒子の記憶が戻らなくても私は黒子が好きよ
白井黒子
白井黒子
.........
御坂美琴
御坂美琴
記憶も関係無いのよ
御坂美琴
御坂美琴
だから。黒子、返事を聞かせて
白井黒子
白井黒子
私も、お姉様が大好きですの
白井黒子
白井黒子
あの、病室でお姉様を見たその時から
御坂美琴
御坂美琴
ホント。
御坂美琴
御坂美琴
変わってないんだから
白井黒子
白井黒子
え?
御坂美琴
御坂美琴
ねぇ。黒子
白井黒子
白井黒子
お姉様?
御坂美琴
御坂美琴
ちょっと目閉じて
白井黒子
白井黒子
はい
白井黒子
白井黒子
これで良いんですの?
きっと、私は黒子が好きだ。ずっと、あの告白を受けてからずっと
だから、待たせてしまった黒子へのほんの少しお詫び
誓のキスに乗せて

































一応10話で完結にさせてもらいます。思っての他、話を詰め込みすぎましたね‪𐤔𐤔‬
これからは、番外編としてデートの話とかも作れたらいいな。byおもち