無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
131
2020/11/28

第1話

まだ気付かぬオモイ
白井黒子
白井黒子
もう!
白井黒子
白井黒子
聞いていますの?お姉様
御坂美琴
御坂美琴
んー?
御坂美琴
御坂美琴
あぁ
白井黒子
白井黒子
全く...
白井黒子
白井黒子
最近お姉様ぼーっとしすぎですの
御坂美琴
御坂美琴
そんな事ないわよ
白井黒子
白井黒子
黒子と居るのは楽しくありませんか?
御坂美琴
御坂美琴
は?
御坂美琴
御坂美琴
誰もそんな事言ってないじゃない
白井黒子
白井黒子
そうですが
白井黒子
白井黒子
折角の非番ですのにお姉様は
御坂美琴
御坂美琴
あー!私が悪かったわよ
白井黒子
白井黒子
.........
御坂美琴
御坂美琴
機嫌直して
御坂美琴
御坂美琴
ね?黒子
白井黒子
白井黒子
...........
御坂美琴
御坂美琴
クレープでも食べに行く?
白井黒子
白井黒子
((クレープ...こここここここれは!!お姉様との関節キスのチャンス!?))
白井黒子
白井黒子
仕方ありませんわね
白井黒子
白井黒子
クレープ食べにいきましょ!
御坂美琴
御坂美琴
うん
いつからだろう
この子には笑っていて欲しいと思うようになったのは
私がこの子を気にかける事なんて無いのに
変態で
意味の分からない事ばかり言うし
人の好きな物にケチ付けるし
でも
誰にでも優しくて
困ってる人が居たらほっとけ無くて
いつも私を励ましてくれて
何も聞かずにずっと待ってくれてて
どうし用もないくらい
おひよしなこの子
白井黒子
白井黒子
お姉様〜!
御坂美琴
御坂美琴
はいはい
誰よりも頑張ってるこの子を見ると
非番の日くらいは甘やかしてもいいかもね
なーんて
そうも思うけど
そんな事は決して出来ない
御坂美琴
御坂美琴
黒子
白井黒子
白井黒子
?どうしましたの?お姉様
白井黒子
白井黒子
何処か痛めましたの?
白井黒子
白井黒子
それとも体調でも
御坂美琴
御坂美琴
違うわよ
白井黒子
白井黒子
それなら
御坂美琴
御坂美琴
.......
白井黒子
白井黒子
お姉様?
御坂美琴
御坂美琴
なんでもないわ
御坂美琴
御坂美琴
もう少しゆっくり行きましょ
御坂美琴
御坂美琴
そんなに急いでもクレープは逃げないわ
白井黒子
白井黒子
そうですが...
少しの声の特徴や変化で何かを察してしまうこの子には嘘はつけない。ついてもすぐに見破られてしまう。「野暮用」で誤魔化しても変に感がいいこの子なら分かってしまう。
私の方がひとつ上なのにひとつ下のこの子には敵わない。
でも、
それでも
少し先輩面したくなってしまう
黒子の頭の上に自分の手を置き。ポンポンと撫でる
私とは違い質のいい髪。サラサラしててふわふわでいい香りのする髪
白井黒子
白井黒子
おっ、お姉様!?/////
これでもかと思うくらい赤くなるこの子を一瞬だけ可愛いと思ったり
私はこの子にどれだけ感情を動かされているのだろうか
御坂美琴
御坂美琴
よく。
御坂美琴
御坂美琴
頑張ってるわね。黒子
この日常が続けばいい
 平和な日が続けばいい
笑って過ごせる日々が続けばいい
平和が永遠になればいい