無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

夢【Fs 西川遥輝】






「メジャーどうすればええんかな」



『は?何悩んでんの?




行く一択でしょ』




「それは俺も思ってる。
でも、子供たちのこと考えると、このまま日本でのびのびと成長させた方がええんかなって」



『子供たちのことは気にしなくていい。
選手生命いつまで続くか分からないんだよ?
なら自分の1番の夢叶えてよ。
子供たちは私に任せて?』



「、、、ほんま頼もしい奥さんやわ、」



『まぁ正直アメリカのカリキュラムいい感じだし、
家族でお引越しもありだと思うよ。
そっちの方が遥輝も安心するんじゃない?』


「それはありがたいけど、あなたの仕事は」



『辞めるわよ。
付きっきりで遥輝を支える。
そのために貴方と結婚したんだもの
そうでなきゃそう簡単にアスリートの奥さんなんて務まらないでしょ?』


「そうやな、



よし、決めた。


お前たちを養う。



絶対メジャー行って、




帰ってきたら、




家を立てよう。



あなた、着いてきてくれるか?」





『ええ、もちろん。
私たちはどこまでだってパパに着いて行く。』





愛を育んだこの地で、


また愛のある家庭を。