無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第27話

ちょうどいい関係【Tg 熊谷敬宥】




熊谷side






幼馴染が今日、お嫁に行った。



生まれてから
幼稚園、小学校、中学校、高校
ずっと一緒だった。


幼い頃から俺の事を
"熊ちゃん"って呼ぶところ、


誰にでも分け隔てなく優しくするところ、



時には彼女を好きになることだってあった。



しっかりしていて、料理も上手くて、
人を立てられる。


人として尊敬も出来る。




そんなあなたの門出を心から祝福したい。




「あなたおめでとう。綺麗になったね」



『ふふ、ありがとう。
熊ちゃんが幼馴染でほんとに良かった。』



「上林、幼馴染をよろしく」



上林「おう」




幼馴染とは、


いつまでもちょうどいい関係を築くものだ。




と俺は思う。