無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

親 バ カ 【Tg 糸原健斗】



涼「ままー!パパが起きないー!」



そう言って私に駆け寄ってきたのは、
1月で4歳になる娘のすず

可愛らしい顔立ちは健斗に似たかな〜


『パパが起きないのー?ならすーがちゅーしたら起きてくれるかもよー?』


涼「わかった!やってくるね!」



私たちが出会ったのは高校一年生の時、
隣の席になったのがきっかけだった。
高校2年生から交際をスタートさせ、
4年前、彼が社会人1年目になると同時に籍を入れ、
実は既に子供を授かっていました。


それで産まれたのが、涼。




「はぁぁぁすー可愛いなぁぁぁぁ」



出ました。
起きて早々親バカ発動。


暫くは涼を抱きしめて離しません。



涼「いーやーだー!パパ離してー!!ママー!」


『はいはい。ほらパパ起きて、11:00には家出るんでしょ』



「お願いもうちょっとすーを、、、」


『はぁぁぁ』


いつもこれ。
すーが生まれてから、ずっとこんなん。
毎日すー、すーって。
まぁ、面倒見てくれるからいいんだけども、


『ご飯できたよー、手洗って席ついてー。
ほら健斗顔洗ってー』


「はーい、すー手洗おうな」



今日も朝から、夫が親バカを発揮しています。