無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

パ パ の お 風 邪【Tg 中谷将大】




「はーいー、、、」


ガチャ


「なんだママか、、、」


そう言って気だるそうにホテルの一室から出てきたのは、
結婚5年目、夫でプロ野球選手の中谷将大。


『体調は?大丈夫?』


試合見るため宮崎のフェニックスリーグに来たのですが、生憎の夫が体調不良のため試合出場は不可能。
本日の私と子供たちの試合観戦も断念です。


「んまぁ大丈夫。
泰一と泰二は?」


今年で5歳になった双子の息子
泰一たいち泰二たいし


2人とも元気が良すぎて、、、もう大変大変


『2人は海くんと木浪くんに見てもらってる』


「後でお礼しないとな、、、
とりあえず中入って」


『お邪魔しまーす。
ちゃんとご飯食べてる?』


「食べてるよ」


『早寝早起きしてる?』


「もちろん。」


『手洗いうがいは?』


「してるって」


『無理しすぎちゃダメだからね?』


「してないよ。」


『もー!せっかく遊びきたのに!』


「ごめんって、」


『薬ちゃんと飲んで、寝る。いい?』


「ならあなたが一緒に寝てくれる?
そしたら明日絶対復活する」


『もーパパったら〜!


絶対イヤ。』


「いいじゃん、せっかく来てくれたんだし。
ママもお疲れでしょう?」


『私まで風邪移されたらたまったもんじゃないわよ。子供の面倒誰が見るっての!』


「はいはい、今回は勘弁してあげますよ
俺があっち帰ったら、そんときこそな?」


『なら早く治して、試合でなよ』


「見とけ」



✂︎-----------------㋖㋷㋣㋷線-------------------✂︎

いや中谷選手初めて書いたので、なんかやばい
そうなんで書いたかと言いますとね、
夢に出てきたんです。中谷選手が
夢の中では作者の旦那さんで、子供がちょうど2人いて
中谷選手が子供二人をお風呂に入れてた夢を見ました。なので今度その夢を書けたらなと。