無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

告白【Bs 山﨑颯一郎】







「あなたさん好きです!」



はい来た。


『毎度毎度よく飽きないねぇ』



「だって好きですから!」



これで何回目だろう。
10本の指じゃ数えられないほど。



『ほんとまっすぐ。
というか、馬鹿?』



「馬鹿でもいいです!」



なんで私なんかに固執するのか、
本当に分からない。




『颯一郎はさ、
なんで私の事好きになったの?』



「誰よりも一生懸命に仕事してて、
仕事してるあなたさん凄い輝いてるし、
凄い楽しそうだなって。

嫌味な人に何か言われても、そつ無く対応して、
支えてあげたいと思ったからです!」



『案外まともな答えじゃんか、、、』




私と颯一郎が恋人になるのも、


そう遠くはない未来かもしれない。