無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

私 た ち の【Fs 西川遥輝】








「うぉぉおぉ、ちっちゃいなぁ」


3人目の子と初対面した、遥輝。


『それ何回目よ笑』


「まだ3回目や。
あなた、お腹痛めて産んでくれてありがとうな」


1人めも2人めの時もそう言った。


『こちらこそ、色々サポートありがとうございます』


「うぉ、手握った。」


12月25日、クリスマス生まれの男の子。


「元気に育てよ、冬輝ふゆき。」


冬に輝くと書いて、ふゆきです。


『ふふ、うちの男性陣はみんな輝きますねぇ』


「あなたが輝く入れたい言うたんやろ」


『まぁねー?』


パパは遥かに輝くで遥輝はるき


長男は海のように輝くで海輝みずき


今日生まれた次男は冬に輝くで冬輝ふゆき


『希呼ももうお姉ちゃんか。ちゃんとお姉ちゃんできるかな?』


「この間3歳になったんやし、もう立派なお姉ちゃんだと思うで?」


『だよね、お手伝いもしてくれるし、良いお姉ちゃんだ』


長女の希呼きこは12月の10日に3歳になったばかりの西川家長女。


「あなたは心配し過ぎや。産んだあとくらい、ゆっくり休んで、子供たちのことは俺に任せ?」


『でも正直、遥輝の方が心配だよ?』


「俺は大丈夫!オフシーズンやしゆっくり休めた!」


『違くて、


ヘマしないか。』



「え」



『嘘じょーだん。
頼りにしてるよ?旦那さん』


「その冗談キツイて〜」



西川家。
新たに家族が一人増え、二男一女の
5人家族になりました。




✂︎-----------------㋖㋷㋣㋷線-------------------✂︎

占いツクールの方で書いている
「もしものはなし」という作品の番外編というか、
これから先(相当先)に書く予定のお話です