無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

444
2021/04/15

第9話

💙
ピンポン、とチャイムがなり、少し浮かれた気持ちで彼を招き入れる

「…ねぇ、明日空いてる?」

疲れているのか

元気のなさそうに言う翔太

帰ってきたから言うことなのかと思ったけど

そこは深く聞かないように

『んー、午後から仕事』




「抱きたい、」



分かりきっていたその言葉を聞くと

いいけど、って。素直じゃないよな

そんな素直じゃない私を

受け入れてくれるのが翔太だから

なんせ彼もツンデレだから。

じっと彼を見つめると

ふわっと抱き寄せられる


「沢山可愛がってあげる」


次起きた時には朝の11時

こんな休みも悪くない





fin