無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

587
2021/04/02

第7話

💜

「好きなんだけど」

『いたずら、ですか』

「ううん、本気」

開いた口が塞がらないってこの事か

目立たないタイプの私が

みんなから慕われて、好意的に思っている女子が多数の深澤くんに

告白されるなんて

ただの罰ゲームか何かとしか思えない

『え、あの、』

「あー、いいよ、今じゃなくても」

…余裕がありすぎる

やっぱり釣り合わないんじゃないか

『、、じゃあ、遠慮なく』

「ふはっ、おもしろいね、あなたちゃんって」

手で口を抑えて笑う君は

嘘ついてるようには見えなくて

ここで断ったら申し訳ない

興味が無い訳でもないし

だからといって「とりあえず付き合って見る」っていう選択肢はない






『もう少し、時間をください、、』







NEXT