無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

661
2021/03/18

第5話

💚

『雨だねぇ、』

「だねぇ、」

私には難しい本を読むメガネをかける亮平に言う

『本読んでて面白い?』

「読まないよりはマシかな、笑」

『さすが亮平、』

「ふふ、ありがと」

なんて微笑んで頭を撫でる

彼は勉強しないといけないのは分かってるけど少しの時間でも

やっぱりかまって欲しくてちょっとの出来心で後ろから彼のお腹に手を回す

お、なんて驚くけどとくに大きな反応はなくて

『亮平いい匂い』

「あなたと同じだよー、」

『おそろいだね、』

「うん、」

『嬉しいね、』

「そうだねぇ、好きな人とお揃いは嬉しいよねぇ、」

『へへ、』

「もっとおそろい増やしたいねぇ、」

『いろいろねぇ、いっぱいあるねぇ、』

「うん、苗字も一緒にしたいねぇ、」







あっはあざとい警察が来るぞこのやろう(