無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

え…?
239
2020/11/25 10:21
ころん
…え?
ころん
今なんて、、
さとみ
あぁ。ごめん。忘れて。




さとみくん、、、、。





絶対冗談のつもりで言った訳じゃないよね。


3年近く一緒に活動してるんだから分かるよ。





さとみくんは嘘つく時右上を見る癖があるんだよね


今はすごい右上みてるし、、。









でもごめん。ごめんね。さとみくん。



今はるぅとくんの事で精一杯なの。




るぅとくんを思うと歯止めが効かなくなっちゃて


自分でも良く分からないほどすきなの。



ころん
さとみくん。
さとみ
んぁ、、どした?
ころん
動画撮ろうよ、明日upする奴
さとみ
えっ、まあ…いいけど、



さとみくん困惑させてごめん。



こんな空気の中馬鹿な僕はこれしか言葉が



出てこなった。





今まで通り僕の “相方” として隣にいてほしいな











るぅと side






ころちゃんが家を飛び出した。






正直、最近のころちゃんは面倒臭い







付き合った当時は本当にころちゃんを愛してた。







ツンデレで女の子より可愛くて僕に好意を抱いて

くれている事が何よりも嬉しかった。……のに




いつからだろうか。



僕が本気でころちゃんをうざったいと感じたのは






今だって多少の愛はある。



メンバーの中で一番好きなのもころちゃんだし、


一番気軽に話せるのもころちゃんだった。








最近のころちゃんは僕に対しての愛が…重い。


束縛されるのが苦痛になって来てる。



昔のころちゃんに戻ってくれれば僕だって

しっかり受け止めるし、しっかり愛を注ぐ。







今のころちゃんはよく分からない。
るぅと
探しに……、、
るぅと
行く気にもならないんだよなあ。



今日は一日何も無い日なので家にいて、


ころちゃんを待ってみようと思った。





多分深夜、、よくても明日には帰ってくると


そう思ってスマホをいじった。