無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

おねがい
412
2020/06/11 08:06
るぅと
着きました。降りてください。
ころん
うん…。



ガチャ 🚪
るぅと
ふぅ、、疲れた、、
ころん
た、ただいま。
るぅと
ころちゃんと一緒に帰ってきた理由は、
話したい事があったんです。
ころん
…なに?…




嫌だ。嫌だ。嫌だ。






「別れよう」 なんて言われたら、僕は、、




何を目的に頑張ればいいのか。


生きていく希望なんて何も無くなる。



どうかそれだけは、、、辞めて。



るぅと
ベッド新しく買い換えませんか?
ころん
ふぇ…え、、???
るぅと
僕、夜帰りなんで。毎晩夜中に、
ころちゃんが眠ってる布団に入るのが少し
るぅと
変な、、空気?になってしまうので。
別々のベットで寝る事にしたいんですけど
ころん
それは、僕と寝るのが嫌って事…?
ころん
なら、いいよ。
僕、寝る時はこの家から出てくから、
るぅと
そういう意味じゃ…ないんですけどね。
ころん
どういう意味…、、?
ころん
別々のベッドで寝たい。
なんて恋人に向けて言う言葉なの?
ころん
僕がどんなに。どんなに。るぅとくんの事想ってるかなんて分からない癖によく言うよ…グスッ
るぅと
ごめんなさい。
ころん
それしか言ってくれないの…?
るぅと
…。
ころん
もういい、、、






はあ、、、るぅとくんさぁ






さっきは怒りが頭に出てきて、感情的になって

るぅとくんに話しただけだもん。



出てった時に止めてくれてたら。



まだ希望が見えたはずなのに。



止める気もなかったの様な顔してた。






鈍感すぎるし、僕にもう好意が無いなら、




僕が出て行った方が戦略的かも。







こんな思考しかできない僕は馬鹿なのかもしれない







ころん
とりあえず、、、
ころん
さとみくんの家に行く…かぁ





何故か思いついた人がさとみくんだった。




唯一僕の心を支えてくれる。





さとみくんは僕の安定剤になってるなぁ






さとみくんの家到着🚪
ころん
さとみくーん。いないの?
さとみ
え、おっころん!!!✨
さとみ
どうした〜?るぅとと喧嘩したか?
ころん
…喧嘩っていうか。
ころん
僕が一方的に怒って、この場所にいるのが
嫌になったから家飛び出して、さとみくん
の家に来たって感じ。
さとみ
ふーん。るぅととは別れんの?
ころん
いや……、、
さとみ
ちょ…最近るぅとの事で泣きすぎだろ〜、笑
ころん
だって…る、…とくん…が(泣)
さとみ
あーはいはい、、、
さとみ
こんなに悩んでるんだったらさ
さとみ
いっそ俺にしちゃえば…?






p.s




さとみくんが告白してるけど、、、






絶対るぅころにするから🥺❕❕


るぅころしか勝たんだから(号泣)







てか学校行くのしんどすぎない?🤦🏻

私、高校1年生になったけどもう、、、、号泣号泣