無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🤍


コンコン



翔「はい…」



服を着替えてからりんごジュースを持って
翔太の部屋に行く



ガチャ



『りんごジュース持ってきたよ』


翔「ありがと…」



ソファーに座っている翔太に
りんごジュースを渡し私もソファーに
腰掛ける




🎶〜🎶〜



翔太の家は壁が薄いわけがないのに
隣の照さんの部屋なら音楽が聞こえる



『何か聞いてるね…』


翔「相当でかい音で聞いてんな…」


少し呆れた顔で言う翔太


『照さん音楽好きなの?』


翔「いや…違うな…」


飲んでいたりんごジュースを
机に置いて音楽が聞こえる壁を見る



翔「兄貴はふっかの事でイライラしたりすると音楽を大音量でかける」


『何それ…』



翔「兄貴は無意識だとは思うけど…」


翔「音楽で気持ち紛らわそうとしてんじゃね?」


『そうなんだ…』



でも…ここまで聞こえるなんて
相当大きい音だと思うけどな…






.