無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

💛


翔太と一緒に車に乗って登校なんて
何ヶ月ぶりだろう…



あなたちゃんと出会ってから
翔太はみるみる変わっていった



良く笑うようになった




あんなに大っ嫌いな学校でさへ
こうやって行くようになっている




翔「なぁ…」


外を見ている翔太が俺に話しかけてくる



『ん?』


翔「ふっか いつも車で行かねぇの?」


『あぁ…乗れって行っても乗らねぇの』


翔「ふっかも頑固だね…」


『乗った方が楽なのにな!』


翔「俺も電車乗りたい…」



俺たちはいつも車でどこでも行くから
電車に乗ったのなんて本当に幼かった頃



『翔太 電車好きだったっけ?』


翔「兄貴はふっかと一緒に登校したいって思わねぇの?」


『え?』


翔「普通好きな人と登校したり、帰り道寄り道したいって思わない?」


『…好きな人…』


翔「兄貴…ふっかのこと好きだろ?」


『は?』


翔「見てたら分かるよ…」



こいつ…何言って…


翔「早く捕まえないと…ふっか優しいから違う人に取られちゃうよ…」



こいつ何で知ってんの?
俺がふっかのこと好きって…


俺はずっとバレないようにしてきたのに



翔「もしかして隠してた?」


『えっ…』


翔「隠しきれてねぇよ…」


翔「兄貴分かりやすすぎる…」


少し呆れてまた外の風景を見る翔太



『…お前はどうなんだよ…』



『お前もあなたちゃんの事好きだろ?』



翔「…俺は……、」







.