無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第110話

💦😳焦った話😳💦
ⓒⓗⓘⓗⓘⓡⓞ
ⓒⓗⓘⓗⓘⓡⓞ
昨日の夜に、めちゃくちゃ心配になって焦った話します‪w
20:00頃、ピンポーンと音がなり、こんな時間に誰やろ?って思いながらアバンティーズの動画を見てました
お父さんがドアを開けたら、男の人の声が聞こえました


















「○○さん探しましたよ!」(○○は苗字)
と…
お父さんの仕事場の人ではないのは声で分かってたので誰かすごく気になりました
その後、お父さんはその謎の男性と家を出ました
持って行ってるのは携帯だけ
30分経っても帰ってこないので心配し、お母さんはお父さんに電話をかけました
でも、お父さんは電話に出ません
そして、お母さんは家を出てお父さんを探しに行きました
5分後、お母さんは家に帰ってきてこう言いました
「家出た時に、黒の車が1台止まってて、さっき来てた男性が乗ってた。でも、戻ってくる時にどっかに移動した…お父さん連れてかれてない…よね?」
そう聞いた途端、本当に連れてかれてたらどうしよう…


電話にも出ないし…
と思いました
そして21:00
お父さんは帰ってきました
どこに行ってたのか聞いたら「弁護士の人と少し話をしていた」
と言います
お互いに、今は使ってない携帯の電話番号しか知らず、弁護士の方が探していたらしいです
めっちゃ心配したけど、なんともなくて安心しましたとさ