無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

🌸
JEONGHAN
あなた?
You
あ、ごめん
帰ろっか
JEONGHAN
うん



それから私たちは歩いた


無言が数分続くと先に口を開いたのは君だった


JEONGHAN
ねぇ
You
ん?
JEONGHAN
ジミンの事どー思ってるの?
You
え?どーしたの?急に
JEONGHAN
なんかさ、ジミンとお前がいると
お前の顔が泣いてるように見えるから
You
え………?
JEONGHAN
なんかあったんだろ?
You
う……、ん
JEONGHAN
はぁ……
You
え?
JEONGHAN
俺ってそんなに頼りない?
俺じゃ相談できない?
1人で抱え込むなよ
1人で抱え込まないで俺に相談しろよ
You
ッ………!!

ギュッ
JEONGHAN
いつでも俺に相談しろ
You
ありがとッ
JEONGHAN
うん



家到着___


You
ありがとねッ
JEONGHAN
うん
You
バイバイ
JEONGHAN
おう