無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第54話

🌸


お昼🍴___


JEONGHAN
ねー!!
You
ん?
JEONGHAN
ジミンのこと気にしてんの?
You
別にー
どーでもいいし
JEONGHAN
そっか


その時1粒の雫が頬をつたった


JEONGHAN
なんで泣いてるの?
You
え?



そー言うとハニが親指で涙をふきとり見せてきた



JEONGHAN
ほらッ
You
ほんとだッ
JEONGHAN
大丈夫?
You
うん
JEONGHAN
大丈夫じゃなさそうだけど
You
ごめん。ハニ。先戻る


私は自分のこーゆーとこが1番嫌い


大丈夫じゃないとき先に戻っちゃう


ハニ。ごめんね。