無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
807
2021/08/17

第1話

わん
学校帰り






もう夏かぁ なんて思いながら家までトボトボ歩く。


『最近暇だなー…』


あ、そーだ。

























『花火しよーっと』























私は歩いていた足を止め近くのスーパーへ行った
────

──






『こんだけあればいっか』


花火なんていつぶりだろ…

楽しみだなーと思いながら家に帰り

お風呂に入りご飯を食べて暗くなった外を見る


『そろそろ家出るか』


私は家を出てバイクに跨り音を鳴らしながら公園へ向かった

















in 公園



ラッキー。都合よく誰もいない


バイクから降りて鍵をかけ近くのベンチに座る


そして公園の水道を捻りバケツに水を溜めた


早速私はチャッ〇マンを持ちロウソクに火をつけ花火を始める




『おぉ、綺麗っ!』



1人で花火するの初めてだけどめっちゃ楽しい

むしろ1人の方が良いかも

花火多くできるし、

花火振り回しても怒られないし。

2つ花火を持ちながら走り回ったり花火で円を描いたりして遊ぶ。

やばい、めっちゃ楽しい

私はしゃがみこんで色が変わっていく花火を見ていたら


















?「なあ」


























私の頭上に1つの陰ができる。



見上げてみるとすごく身長の高い男の人が立っていた







?「ライター持ってる?」






ライターはないけど、チャッ〇マンならポケットに……



そう思い自分の上着のポケットに手を入れるが何も入ってない



あれ、どこに置いたっけ




?「タバコにつけたいんだけど」




…あ、じゃあ



『これどうぞ』



私は立ち上がって男の人が咥えているタバコに向けて自分が持っていた花火を近づけた
























ジュッッ











あ、

























?「あ"っっっづ…!!?! はぁ?!??」
































『え、ごめんなさい』←