無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

921
2021/08/19

第3話

すりー











半間said


半間「もう帰んのか?」


『うん、明日も学校だし』


そう言ってバイクに跨るあなたちゃん。

は?バイク乗れんの?


『どうしたの?』


半間「は?それお前の?」


『うん』


見た目 ユートーセーのくせにバイク乗れんのかよ

丁度いいや。


半間「俺も後ろ乗せて♡そんで一緒に海行こーぜ」


『え』


半間「ケチケチすんなよ〜」


『私、2人乗りしたことない』


半間「気合いでいけるって」


『んーーじゃあ頑張る』


半間「やりぃー」








あなたsaid



とりあえず海の行き方分かんないけど大通りまで出るか。

私は夜風に吹かれながらバイクを走らせていると後ろから声をかけられた。


半間「あなたチャーン、安全運転な?」




何を当然のこと言ってるんだろ。


『ん?当たり前じゃん』


私なりに善処は尽くしてるよ。


半間「ひゃはっ♡じゃあ なんで そんなフラフラしてんの〜?」


その通り。今すっごいフラついてる。

やっぱり2人乗り難しいな。


『だから2人乗り初めてなんだってばーー』


半間「1人も2人もそんな変わんねぇーだろぉー?」


『変わるんだよなーそれが………わっ…』


半間「うぉっ…何今の怖っ♡スリル満点じゃん♡♡」


褒め言葉として受け取っておこう。

まぁ一応、安全運転は心がけてるつもり。


『ごめん、滑っちゃった』


急なマンホールは危ないって。


『あ、私 海の行き方分かんないから道案内よろしく』


半間「だりぃ」


行きたいって言ったの半間でしょーが。


『もしかして分かんないとか?』


半間「あん?ヨユーだわ。そこ左」


『はーい。てか半間って学校行ってるの?』


半間「行くわけねぇじゃん♡来て欲しいってか?」


『いや来て欲しいっていうか 多分学校違うでしょ』


半間「それはわかんねぇーぜ?」


『そー?じゃあ明日来てみてよ』


半間「ダリィからまた今度な」


『そっか』


半間「冗談だ♡行ってやんよ」


『どっちでもいーよ』


半間「照れんなって♡」


『照れてませんー。…あ、』


半間「あ」


半間と話してたら信号が赤だった事に気が付かずビュンッと通り過ぎてしまった。



『…………まぁいいや』


今 交通量少ないし…


半間「オイオイ ふつー女子高生が信号無視するかよ?危ねぇなぁ〜♡」


『もぉーーー半間が話しかけるからぁ』


半間「はァ〜〜?俺のせいかよ」


そう言って肋をくすぐってくる半間。

多分、運転の邪魔をしているつもりなんだろう


『炙るよ?』


半間「顔がマジじゃん♡」