無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

137
2021/08/05

第5話

危ないから。
 お昼はお弁当を家族でもぐもぐし、午後の授業も終わり、部活、生徒会も終了。

一段落つき、私は少し深呼吸をする。

you
スー…ハー…
ut
お、ちょうどや。
kn
お!あなた!!!いま帰るとこか!!!(爆音)
you
あ、うんお兄!一緒に帰ろ!
全員
ええで〜
全員
(くっそかわええ)
 暑く日差しが照りつける中、閉めていた制服のシャツの第一ボタンを開けて、襟をなるべく涼しくなるように少し折る。
zm
それにしてもあちぃな…
gr
溶けそうだゾ…
em
気温は30℃ほどですね。真夏日です。
rb
冷静やなぁ…
ci
ネクタイ取っちゃダメですかね…
sho
ん、あなた。襟開けとん?
you
うん。流石に暑いからね…。お兄たちもやれば涼しいんじゃない?
shp
このままじゃ…死ぬ…
tn
少しでもクールビズ…
ut
あぢい…
kn
でも、あなたはあんまりガッツリ襟開けんなよ?
you
?、なんで?
kn
危ないやろ。他の男とかに見られたらアカンからな。
ut
せやぞ〜。俺の可愛い可愛い妹に万が一のことがあったら…
shp
いつから大先生だけの妹になったんすか。
sho
さらっとコネシマさん抜けがけしてるよね??
em
まあ、あなた。汗かいたから、風邪ひかないようにしてくださいね。
you
ありがと〜。エミ兄。
ci
は?エミさんずるくない?
gr
いまのは反則やろ。
ut
はーい、ここにも抜けがけ野郎ー!!
sho
おっしゃ、解らせてやんよ…
rb
何をだよ
sho
あなたは俺のだってことを?
shp
いや俺のっすよ
tn
え?そう言うことなら僕も。
rb
誰のものなのかはあなたが決まるんじゃないんか…??
gr
俺のものだ。
ut
生徒会長だからとかそういう権限使うなよ?
gr
チッ
ci
じゃあじゃあ、明日休みだから王様ゲームしましょうよ!!
kn
賛成ー!!!!!
zm
やるぜー!!
you
私もやりたーい!
全員
(状況を理解してないな…あなた。
まあそこも利用するけどな。)
sho
じゃあ明日は王様ゲーム大会やな。
shp
(絶対に王様になってやる…)
tn
(あわよくば王様…)
gr
俺が王様だな。
rb
違うでしょ。
ut
では、明日はコネシマさんの奢りでなんかたべましょー。
zm
ごちそうさまでーす!
shp
いやー何食べようかなぁ!!!
kn
え、聞いてない聞いてない
tn
ご飯作る手間が省けるわ〜。ありがとな。
gr
いっぱい食えよー。
kn
俺のセリフ…
sho
ゴチになりまーす!
rb
いつもの倍食べないと勿体無いなぁ。
em
ごちそうさまでーす。コネシマさん。
ci
あなたもいっぱい食べろよ!
you
もちろん!
kn
遠慮って…知ってる…??
 暑い日差しの下、仲良く口論をし合いながら家へ入る一つの家族が見えた。
駄作者。
駄作者。
はい、更新遅れてすみません。
kn
おい、奢ることになったんだけど??
駄作者。
駄作者。
大先生に抗議してください。
ut
いやいや、そこはコネシマさん、ね?脱税しt…
kn
しとらんわ‼︎‼︎(うるっせぇ)
駄作者。
駄作者。
はい、1000字超えたから終わりです。
kn
は?!
駄作者。
駄作者。
ではまた。