第11話

🦁
1,197
2019/09/16 13:59






無意識に目を閉じたという事は











抵抗する気すら無かったのかもしれない













You
You
  私を襲う人いませんよ、  
グク
グク
  いっぱいいるに決まってんじゃん  
グク
グク
  だってあなたちゃんみたいな  
グク
グク
  鈍感で可愛い子男は放っておかないよ?  
You
You
  、そうなんですか  
You
You
  グク先輩って先輩みたいですね  
グク
グク
  え?笑  
グク
グク
  俺先輩って思ってなかった?笑  
You
You
  思ってませんでした  
グク
グク
  なんだよそれ 笑  
You
You
  嘘ですよ、グク先輩は先輩です  
グク
グク
  おぉ、素直じゃん  
You
You
  なんか、人生の先輩って感じです  
グク
グク
  じゃあ俺はあなたちゃんの人生の先輩になるよ笑  
You
You
  あ、ありがとうございます  
You
You
  私家ここです  
グク
グク
  そっか、じゃあね  
グク
グク
  明日話したい事あるから  
グク
グク
  放課後俺の教室来てくんね?  
You
You
  分かりました、 何組ですか?  
グク
グク
  2階の1組 教室前で待ってて  
You
You
  分かりました では  
グク
グク
  じゃあな  







グク先輩は帰って行った



















私は自分の部屋に入りベットにダイブして携帯を見る




















そのまま寝落ちしてしまい朝になった






































You
You
  、、んッ  
You
You
  朝か、  
You
You
  準備しよ、ッ  








急いで準備して家を出た










You
You
  はぁ、嫌だなー 







独り言をぶつぶつ言ってると










グク
グク
  何が嫌なの?  
You
You
  うわッ!、びっくりした、、  
You
You
  なんだ、グク先輩か、、
グク
グク
  なんだってなんだよ笑  
You
You
  では、お先に  
グク
グク
  ちょ、一緒に行かねぇの?  
You
You
  行くわけないじゃないですか  
グク
グク
  あ、朝から俺はキツいって?笑  
You
You
  その通りです  
グク
グク
  ほんと後輩のくせに笑  
グク
グク
  ほら、行くよ ?  
You
You
  ちょ、!  






グク先輩は私の腕を掴んで歩き出した














NEXT

プリ小説オーディオドラマ