無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

6話 📻📿
カガミジコク 其の四にて_
つかさ
つかさ
はいはいどーどー
つかさ
つかさ
これはミツバを守ってくれるものなんだよ
つかさ
つかさ
落ち着いてミツバ
花子くん
花子くん
……
源 光
源 光
……
つかさ
つかさ
そーそー

上手だね〜
源 光
源 光
おい……てめぇ…

ミツバに何をした?
源 光
源 光
答えろ!!
花子くん
花子くん
ちょっと少年!
つかさ
つかさ
フフ…俺はねミツバの願いを叶えたんだ
源 光
源 光
願いを…叶えた?
つかさ
つかさ
そう…俺は死者の願いを叶える

ミツバの願いの代償は理性

つまり魂の一部をね
花子くん
花子くん
は……?
つかさ
つかさ
核になってる魂が同じだから

見た目や性格は似てるだろうけど

これはぜ〜んぶ別もの
つかさ
つかさ
人として生まれ死んだ三葉惣助は

もうこの世界には居ない…
源 光
源 光
なんで……なんで……

てめぇのせいで三葉は消えたってのに……
源 光
源 光
てめぇ…ふざけんなよ?!

三葉はお前のおもちゃじゃねぇーぞ!!
つかさ
つかさ
ふ〜ん…凪冴

トコトコ👞










トコトコ👞










トコトコ👞









トコトコ👞
月雫 凪冴
月雫 凪冴
なに…?
つかさ
つかさ
相手してあげて
月雫 凪冴
月雫 凪冴
わかった
花子くん
花子くん
……?!

凪冴…?!
源 光
源 光
知ってるのか?花子?
花子くん
花子くん
……少年気をつけてね
源 光
源 光
は?
つかさ
つかさ
ね〜ミツバ

生まれてばかりで力も記憶もなにもなかった君は今三番の核を取り込んで力を手に入れた

どうする?

手に入れた力を奪えばこのまま消えるか
七不思議の席番を奪い取ってこの境界の主になるか

どっちがいい?ミツバなら
ミツバ
ミツバ
……
つかさ
つかさ
凪冴〜そっちはどう?
源 光
源 光
グハッ!!
月雫 凪冴
月雫 凪冴
片付いたよ…
つかさ
つかさ
ねぇ〜凪冴…

凪冴は今怪異だけど七不思議になりたくない?
月雫 凪冴
月雫 凪冴
いきなりどうしたの?
つかさ
つかさ
七不思議の席番があれば凪冴だって七不思議になれるんだよ?

自分の境界だって作れるんだよ

さぁ…凪冴もどうする?
月雫 凪冴
月雫 凪冴
……
ミツバ
ミツバ
僕は……なる

消えるぐらいなら七不思議になってやる!!
つかさ
つかさ
よく言ったね〜

凪冴は?
月雫 凪冴
月雫 凪冴
……グッ

なりたい!!七不思議になりたい!!
花子くん
花子くん
嘘…?!
つかさ
つかさ
フフ……2人ともいい子だね♪

ミツバには三番の席番を

凪冴には新しい七不思議の席番をあげるね
花子くん
花子くん
それは許さないよ…つかさ
つかさ
つかさ
ミツバ,凪冴…行くよ
ミツバ
ミツバ
う……うん
花子くん
花子くん
待って!!つかさ!
つかさ
つかさ
凪冴…
月雫 凪冴
月雫 凪冴
はい……
花子くん
花子くん
え?


水晶を取り
月雫 凪冴
月雫 凪冴
貴方のここで起こった記憶貰いますね

すると…
花子くん
花子くん
バタ…
月雫 凪冴
月雫 凪冴
ごめんね…(小声)
つかさ
つかさ
凪冴〜その三人をあっちの世界に帰しといて〜
月雫 凪冴
月雫 凪冴
わかった
月雫 凪冴
月雫 凪冴
……
月雫 凪冴
月雫 凪冴
[三人とも……ごめんね

逆らえないんだ……つかさには

だって……怪異してくれたのはつかさだから

三人からカガミジコクでの出来事の記憶を貰うね]