無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

21話 🚽🔪
月雫 凪冴
月雫 凪冴
僕がここに居られるのは1週間なんです
土籠
土籠
…それは本当か?
月雫 凪冴
月雫 凪冴
はい…1週間を切れば僕は周りから僕の記憶は無くなる
土籠
土籠
……
月雫 凪冴
月雫 凪冴
先生にだけ伝えたかったんだ〜
土籠
土籠
それでもお前いいのか…?
月雫 凪冴
月雫 凪冴
…良くないよ

でも…いいんだここで過ごせるだけでいいから
月雫 凪冴
月雫 凪冴
じゃあ八尋さん達のところに行くね
土籠
土籠
嗚呼…
月雫 凪冴
月雫 凪冴
ねぇ…先生

この話は二人だけの秘密にしてね
土籠
土籠
……
月雫 凪冴
月雫 凪冴
じゃあね♪
ガラガラ
土籠
土籠
お前はそれでいいんだな…お前との記憶が消えるなんて信じられねぇよ…

―――――――――――――――――――――――――――
月雫 凪冴
月雫 凪冴
ふぅ…1週間か〜
八尋 寧々
八尋 寧々
あっ!凪冴く〜ん!
月雫 凪冴
月雫 凪冴
八尋さん…?
八尋 寧々
八尋 寧々
本当によかった〜

これからまた話したりできるんだね♪
月雫 凪冴
月雫 凪冴
……うん
八尋 寧々
八尋 寧々
ほらほら!花子くんのところに行こ!
月雫 凪冴
月雫 凪冴
ちょ…ちょっと!八尋さん!
八尋 寧々
八尋 寧々
いいから〜いいから〜
花子くん
花子くん
ヤシロ楽しそうだね〜
八尋 寧々
八尋 寧々
あっ!花子くん!
八尋 寧々
八尋 寧々
そういえば…凪冴くん土籠に何か用が合ったの?
月雫 凪冴
月雫 凪冴
まぁ…まぁね
花子くん
花子くん
珍しいね零番が土籠のところになんて
月雫 凪冴
月雫 凪冴
そう?
月雫 凪冴
月雫 凪冴
[1週間って……短いな]
八尋 寧々
八尋 寧々
ねぇ凪冴くん!凪冴くんのやりたいことある?
月雫 凪冴
月雫 凪冴
え?
八尋 寧々
八尋 寧々
せっかく戻って来てくれたんだから♪
月雫 凪冴
月雫 凪冴
…フフ♪

ありがとう八尋さん♪
八尋 寧々
八尋 寧々
じゃあ早速凪冴くんがやりたいことをやりましょ!
花子くん
花子くん
おー!