無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

131
2021/06/20

第9話

六話
いきなり飛びます!
星漿体が終わるとこまで?
五条悟
五条悟
なああなた、
貴方
貴方
ん?
五条悟
五条悟
傑が最近変なんだ。
お前なんとかできるか?
貴方
貴方
んあ〜
それな、オレも心配なんだわ。
まあ任せてよ。
傑の気持ち少しわかるかもだし
五条悟
五条悟
無理すんな
貴方
貴方
へーへ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
貴方
貴方
ヤホヤホすぐる君!
ちょっと痩せたな!
夏油 傑
夏油 傑
夏バテだよ。
悟も同じこと聞いてきたんだけど…君の仕業かい?
貴方
貴方
そんな信用ない?
…オレは傑が人を殺そうが、呪詛師になろうがどっちでもいいぞ。
夏油 傑
夏油 傑
は?
貴方
貴方
それがその人が決めた道だから
夏油 傑
夏油 傑
夏油 傑
夏油 傑
君は非術師が憎くないのかい?
貴方
貴方
憎い、今でも殺したいよ。殺意が湧く。
貴方
貴方
…少し昔話をしようか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
貴方
貴方
母さん!
母さん
母さん
なあに?あなた
貴方
貴方
さっきこんなの捕まえてた!
母さん
母さん
それは!
貴方
貴方
どうしたの?
母さん
母さん
ちょっと待っててね
貴方
貴方
?うん
母さん
母さん
貴方、あなたは呪霊が見えるみたい
父さん
父さん
それは…葉陰家に売られるかもしれないな
貴方
貴方
父さん?母さん?
父さん
父さん
あなた、君は呪術を使えるんだ
貴方
貴方
呪術?
母さん
母さん
誰かを救える特別な力よ
貴方
貴方
本当!
父さん
父さん
あなたはこれから、その力を使えるように、練習するんだよ。
貴方
貴方
頑張る!
母さん
母さん
一つ約束してくれる?
貴方
貴方
何?
父さん
父さん
その力は、人を助けるためと自分の目標のために使うこと
人を傷つけるために使わないこと
貴方
貴方
分かった
2年後
父さん
父さん
また葉陰家からの嫌がらせか
母さん
母さん
はあ
葉陰 人星
葉陰 人星
(…オレのこと馬鹿にしてるのか?)
さらに1ヶ月後
貴方
貴方
父さん!母さん!
葉陰 人星
葉陰 人星
フハハハハはは!
俺をコケにしたバツだ!とっととしにくたばれ!
貴方
貴方
許さない!
貴方
貴方
父さんと母さんは葉陰家からの嫌がらせに困ってただケダ!
勘違いもいい加減にしろ!
葉陰 人星
葉陰 人星
は!困らせられたなら本望だな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
貴方
貴方
って言うことがあったんだ
夏油 傑
夏油 傑
それは…
貴方
貴方
その後に親友にも言われたんだ。
人殺しってね
貴方
貴方
オレが暮らしてたとこって伝承とか結構信じるとこでさ
貴方
貴方
つらいのを隠して笑ったら虐められちゃった
夏油 傑
夏油 傑
それで憎いのかい
貴方
貴方
まあね、でもオレが人を殺さないのはあの人たちが悲しんじゃうからかな…
それにオレは逃げたんだ
夏油 傑
夏油 傑
逃げる?
貴方
貴方
もう一つの人格を作ったんだそれが『私』って言う性格
貴方
貴方
この話を聞いてどうするのかは君次第だ
欲を言えばここにいて欲しいけどね
悟は最強になった、けど最強でいるのも楽じゃない
悟も君が呪詛師になったら悲しむし、殺すとしたら悟の手で殺すことになるよ。
夏油 傑
夏油 傑
貴方
貴方
オレはもう行くよ、後は悟と話な
五条悟
五条悟
気づいてたのか
貴方
貴方
まあね
1時間後
五条悟
五条悟
溜め込むの禁止な
夏油 傑
夏油 傑
分かったよ
呪詛師にはならないよ
貴方
貴方
よかった〜
五条悟
五条悟
聞いてたのかよ
貴方
貴方
悪いかよ
五条悟
五条悟
ケッ
貴方
貴方
あ?
夏油 傑
夏油 傑
喧嘩しない
貴方
貴方
へーへ