無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

似たような日々
おそ松
おそ松
お〜れはぁ〜♪
カリスマレジェンドになる男〜♪♪
意味のわからない歌を歌いながら、おそ松は襖を勢いよく開ける。
チョロ松
チョロ松
何その歌…意味わかんないわ
呆れながらもツッコミ(?)を入れたのは、チョロ松。おそ松の相棒だ。




十四松
十四松
うっほほほぉおぉおい!!!
カラ松兄さんパチンコ負けちゃった!
負けた負けた負けた!!!!!!
カラ松からもらったであろうキャンディをくわえながら、十四松が入ってきた。
カラ松
カラ松
じゅうしまぁぁぁつ???
それを言ったら、勝ったにしか聞こえな…



カラ松は、おそ松とチョロ松をみて、冷や汗をかいていた。
一松
一松
フヒッ…覚悟しとけよクソ松……
カラ松
カラ松
ひいいいいいいいぃぃぃぃいぃい















トド松は部屋から出てくカラ松と一松を見て
ため息をついた。
トド松
トド松
はぁ…兄さん達ったら、ほんっっとニートだよねー
チョロ松
チョロ松
いや、お前もニートだから!!
トド松
トド松
んじゃ、僕あつし君とヨガ教室行ってくるね
おそ松
おそ松
は!?ヨガ!?!?!?
聞いてないんですけど!!!!
トド松
トド松
言ってないからね。
十四松
十四松
ようかん!?!?!?
トド松
トド松
ようかんじゃないよ、十四松兄さん。
おそ松の声を無視して、トド松は部屋を出て行った。







トド松が出ていってから、少したった時、十四松が立ち上がった。
十四松
十四松
僕も!出かけてくるね!
ようかん……じゃなくて!素振り!!!
おそ松
おそ松
あんりゃーみんな出かけちゃったよー
チョロ松
チョロ松
みんな、6時過ぎまで帰ってこないよね…
現在、1時25分。
おそ松
おそ松
んっふふ〜
チョロちゃん「あれ」やっちゃう??
チョロ松
チョロ松
…ニヤ(・∀・)ニヤ
し、仕方ないなぁー
2人は、ニヤ(・∀・)ニヤしながら、キッチンに向かった。


































チョロ松と、おそ松は何を考えてるのかな!?

NEXT________…