無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ホントの地獄
五十嵐桃実
五十嵐桃実
美鈴の過去は…
海星
海星
跡部 美鈴
跡部 美鈴
(気持ち悪い)
あれは数年前、美鈴がまだ小学生の時だった
低学年
跡部 美鈴
跡部 美鈴
ヤッター!
跡部 美鈴
跡部 美鈴
また、勝った!
跡部景吾
跡部景吾
流石、俺様の妹だ!
跡部 美鈴
跡部 美鈴
えへへ(*´д`*)
モブ
モブ
チッ
モブ
モブ
何よ!いい気になりやがって!
モブ
モブ
んフフ!
モブ
モブ
地獄え落とすだけね!
モブ
モブ
んフフ!
跡部 美鈴
跡部 美鈴
お兄ちゃん
跡部 美鈴
跡部 美鈴
次の大会も勝つからね!
跡部景吾
跡部景吾
おう!
跡部 美鈴
跡部 美鈴
えへへ
モブ
モブ
ねぇ〜ぇ
モブ
モブ
美鈴ちゃーんちょっといい?
跡部 美鈴
跡部 美鈴
はい!
モブ
モブ
ちょっと着いてきて!
跡部 美鈴
跡部 美鈴
はい、
モブ
モブ
次の大会さー、私も出るんだよね!
跡部 美鈴
跡部 美鈴
はぁー
モブ
モブ
で、辞退してくんない?
跡部 美鈴
跡部 美鈴
無理です!
モブ
モブ
は?
モブ
モブ
なら、こうよ!
手にはビンを持っていた!
それで、美鈴の頭、腕を何度も殴って、刺した。
モブ
モブ
アハハ、いい気味
モブ
モブ
跡部様にあんまり話しかけないでね〜!
モブ
モブ
よろしく〜!
モブ
モブ
じゃあね〜!
ここまでは、良かった。まだ耐える事が出来た。けどもう無理、助けて…
跡部 美鈴
跡部 美鈴
跡部 美鈴
跡部 美鈴
◎☆(♯××)┘イタタ
跡部 美鈴
跡部 美鈴
はぁー、
跡部 美鈴
跡部 美鈴
耐えないと、お兄ちゃんになんて言われるか分かんないや、
跡部景吾
跡部景吾
おい💢
跡部 美鈴
跡部 美鈴
跡部景吾
跡部景吾
アイツらから聞いたぞ!アイツらを虐めてたんだってな!
跡部景吾
跡部景吾
お前見たいな、顔は見たくねー!
跡部 美鈴
跡部 美鈴
どうして…
跡部 美鈴
跡部 美鈴
虐められたのは、私の方なのに!
跡部 美鈴
跡部 美鈴
兄さんなんか、もう知らない!
跡部 美鈴
跡部 美鈴
私だって、兄さんの顔なんて見たくもない!
跡部景吾
跡部景吾
おい!待て!
跡部 美鈴
跡部 美鈴
(私は、兄さんにまで、イジメられると思って、兄さんをかばってたのに、兄さんは、私をかばってはくれなかった…信じてたのに…)
美鈴は、コレっきり跡部に話かけてないし、顔を隠すように仮面を着けるようになった。
美鈴は、もう兄さんの顔を見たくないから、先に日本に帰ってきたのだ。
小学生高学年になってから、美鈴がイジメられてると言うことを知った。(跡部)
だがもう、美鈴は、心を閉じてしまった。今の美鈴に何を言っても無駄だった。
日本に帰ってきた、美鈴は帰った日には地元で祭りが、開いていた!
メイドを連れて、祭りに行った!