無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

203
2020/10/03

第9話

ごはん
あなた

ごはん、私作るよ!

ななもり
ななもり
え、いいの!?
でも、お客さんだし一応…。
あなた

大丈夫!私帰っても1人だし
皆ともっと喋りたいし!

さとみ
さとみ
ん、じゃあ作りに行くかぁーっ!
あなた

さとみくん座って待ってなよ…?

さとみ
さとみ
んー?なんでよw
あなた

私料理作りに行くから大丈夫だよ?

さとみ
さとみ
毎日コイツらの飯作ってんの俺だし
あなた

え、あ、そうなの!?

さとみ
さとみ
そーだよw
はい、行くよー
あなた

え、あ、はい((



台所にて


あなた

冷蔵庫の中のやつ勝手に使って大丈夫かな?

さとみ
さとみ
多分
あなた

え、多分なの?あなた、不安( ˙-˙ )

さとみ
さとみ
www
あなた

冷蔵庫見るねー

ガチャッ
あなた

え、ほぼ何もないじゃん

さとみ
さとみ
あ、そう言えば今日買い物行ってねーわ
あなた

そりゃ何もないわなw

冷蔵庫を覗くと、
卵、ケチャップ、マヨネーズ、牛乳、少量の肉、ジュースのパック等、必要最低限なものしか入ってなかった()
あなた

んー…
あ、そだ、さとみくん!
お米炊いても良いー?

さとみ
さとみ
ん、いーよ


私は天才なのでね、
この食材を見ただけで思いつきましたよ、
オムライスと言う神料理を(((
チャーハンでも良かったけどね。
あなた

さーて、米とぐかぁ!!!



ギュッ

あなた

ひゃぁっ!?
ちょ、さとみくっ…

さとみ
さとみ
えっちぃ声。
あなた

いやいやいや!!
なんで抱きついてんの!

さとみ
さとみ
いやぁ?別にぃ?(ニタニタ)
あなた

ちょ、話してよっ…

さとみ
さとみ
やだ
あなた

なんでよ()
米とぎたいんだが

さとみ
さとみ
えー…?
じゃあ、さっき一瞬暗くなった理由、
話してよ
あなた

え、う、うそ!?
いつ私が暗くなった!?

さとみ
さとみ
すとぷりに入るって話のとき
あなた

く、暗くなんてなってない…よ?

さとみ
さとみ
なんで俺の前で嘘つくの(`・н・´)


不覚にも可愛いと思ってしまった((
あなた

え、いや、嘘なんか…

さとみ
さとみ
話してくれるまでこれ、やめないから
あなた

わ、わかったからぁっ…!
ご飯食べ終わったら話すから!

さとみ
さとみ
…わかった。


なんだかんだでオムライスを作り終えた()
あなた

今日は色々疲れたぁぁぁぁあ!!!!!
(おつぷりって書いてあげよ。)

さとみ
さとみ
それ、心の声と逆じゃない?
あなた

え、今私なんて言ってた!?

さとみ
さとみ
今日は色々疲れたぁぁぁぁあ!!(声真似)
ってw
あなた

私そんな声じゃないしww
つーか、声に出てたか()

さとみ
さとみ
バッチリ出てたw
あなた

まぁ、聞かなかったことにしよ?

さとみ
さとみ
はーいw
そして私は全員分のオムライスに
不器用な文字で
“おつぷり”と書いた



__________________


作者
作者
さとみくんパートどうでしたか!!
頑張りましたよ自分なりに!
あ、この後🔞入るかもしれないです!!
苦手な方は回れ右ッッ
あなた

おつこと〜