無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

第一章 : キミとの出逢い方 1
あー、誰か俺に堕ちる子いないかな

そう言って普段とは違う通学路を歩く
今日から偏差値75の高校に通う
高校一年生 パクジミン。

そして

あー高校ってすっごく緊張する。

ジミンの家とは真反対の方角にある
家の持ち主である
今日からジミンと同じ高校に通う
高校一年生 パク○○。

高校には9:30までに門を通ることになっていて、皆はいつも9:15から一斉に門を通っている。
偏差値75なだけあって勉学はささっと進める事が出来る為他の高校よりも遥かに登校が遅い。

只今9:00。

ジミンは女を探す為だけに皆より早く来ている。どんな理由だ←

一方○○はと言うと
緊張していて勉強出来るのにテンパっていてそそくさと学校に登校して一生懸命中学の復習勉強をしている。

今日から楽しくなると思っていたはずの高校生活が“あの人”によって狂い始める。