無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

#28

_









JM「ここがゲームセンターですかっ」







「本当に来たことないんだ。笑」







JM「はい!どのゲームが楽しいですか?」







「私はこれが好きかな~」







JM「カーレースですか!やりたいです!」







盛り上がるのってやっぱりこれじゃないかな。





既に座ってお金をいれようとしているジミンくんに続いて私もお金をいれた。








JM「どの車にしようか悩みますね」







「私はこれ~っ」







JM「ううん、どうしよう…」








たかがゲームなのに真剣に選んでるところがジミンくんらしくて面白い。








JM「これにします!」







「よし、始まるよ~!」







JM「負けません!」







「私も負けません!」








自分まで本気になっちゃって、なんか笑えるけど。







JM「わぁ、なんですかこの道!無理です~!」







「ジミンくん下手くそ!笑」







JM「あなたさん速いです!わっ、なんか当てられました!」






「あははっ」








結局私の圧勝だったんだけど、ジミンくんは悔しいのか子供みたいに落ち込んでいる。








JM「あなたさん強いです…」







「まだまだだね~」







JM「こういうのって男が勝つものですよね、あぁ情けない……」






「そんなことないよ。笑」







JM「練習します!」








可愛いなぁ。笑








JM「あ、UFOキャッチャーだ!僕これやってみたいですっ」






「うんっ」







JM「どれにしようかな…」







「あ、ヒヨコ……」








ふと目に入ったヒヨコのぬいぐるみ。ジミンくんがアイコンにしているヒヨコにそっくり。








JM「それ、それ取ります!」






「えっ?ジミンくんが欲しいものでいいよ?」






JM「あなたさんが欲しそうなので、取ってあげたいんです」








やる気満々のジミンくん。でもこれ、かなり難しそう。








JM「ううん…どうやって取ろう……」







2,3回挑戦するもののなかなか落ちないヒヨコ。







「ジミンくん、もういいよ?」






JM「次で取れます!」







なんか申し訳ないけど、私のために頑張ってくれてると思うと嬉しい。







JM「……取れました!!」






「わぁっ、すごい……」






JM「へへっ、どうぞ!」






「ありがとうジミンくん」






JM「これで格好がつきました!」






「ふふっ」








ヒヨコも可愛いけど、ジミンくんはもっと可愛い、、







_