無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

#21

_









「どうかな……?」







JM「…………」









野菜炒めをずっと噛んでいるジミンくん。






も、もしかして不味くて飲み込めないとか……!?








なんか言ってよジミンくん………









JM「あなたさん、これ……」







「ま、不味い…?」







JM「すっごく美味しいです!家庭の味って感じで、美味しいです」







「ほんと?」







JM「はいっ!あ、これもいただきますねっ」









次から次へとおかずを口にしていくジミンくん。









JM「美味しい……」









一口食べるごとに 美味しいです って言ってくれて、作ってよかったなぁと思う。





だってこんな嬉しそうに、美味しそうに食べてくれるんだもん。









JM「僕幸せです!あなたさんが作ったお弁当食べられるなんて」






「そんな風に言ってもらえて嬉しい~」







JM「でも、テヒョンくんもあなたさんの手料理食べたんですよね」







「……あぁ、うん、まあそうだけど、、」









ジミンくんの口からテヒョンの話が出てくるなんて思わなくてびっくりした。









JM「夜ご飯作ってあげてたんですか?」







「たまにね?」







JM「そうなんですか、」







「どうしたの?ジミンくん」







JM「いや、あの…なんか、いいなぁと思ってしまって……」






「へっ?」







JM「ちょっとだけ、……いや、すごく、羨ましく思っちゃいました、テヒョンくんのこと」









へへっと困った顔をして笑うから、私も戸惑う。






こ、これって嫉妬……?








だとしたらすごく嬉しいし、期待しゃうよ?









JM「あぁぁ…!ごめんなさいこんなこと言って…忘れてください」







「ジミンくん、かわいい。笑」







JM「なんでからかうんですかぁ…」







「ごめんごめん。笑」







TH「あなたお腹すいたぁー!」







「わっ、…もう……」









私の隣に座ってもたれかかってくるテヒョン。





なんで来るの…って残念に思うのはジミンくんと2人の時間を邪魔されたからなのか、テヒョンがしつこいからなのか。わからない。









TH「腹減って死にそう~なんかちょうだい~?」







「売店で買えばいいでしょー」







TH「今日も可愛いね、あなた」







「っ、は、はぁ?なに急にっ!」









いきなり何を言うのか。ちょっとドキッとしてしまった自分を殴りたい。









_