無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

壱 え!?ここは鬼滅の世界!??
痛い、 お腹がすいた、 辛い そんな感情
しか私にはなかった。


ある日 心のなかで何かが弾ける音がした。





栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
(これは、もしかして鬼滅の世界!??私
カナヲちゃんになってる!)
いきなり、私の頭の中で経験したことも、
見たこともないような記憶がでてきた。



これは、きっと前世の記憶だろう。
私の前世は普通の鬼滅の刃が好きな女子校生で、


確か、あの日も鬼滅の刃のグッズを買いに
行く途中で
車にひかれて、
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
(ん??        てことは今の私結構ピンチじゃない??)
私は、自分で言うのもアレだけど前世では
親の愛情や周りの人たちの愛情を沢山もらって 虐待なんかとは程遠い生活をしていた。
そんな私はこの生活に耐えられるのかな。

いや、頑張って耐えるしかない


これから私の生活は
_ どうなるんだろう??



作者
作者
みなさん初めまして!!
作者のななです!鬼滅の刃の成り代わり小説
書いてみました。
初心者なので色々教えていただけると助かります!
では、また次の投稿でお会いしましょう
バイバーイ👋