無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
はぁ、はぁ、
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
大丈夫?お姉ちゃん??
カナヲの姉
カナヲの姉
う、うん 大丈夫。
ここまで来ればきっとあの人達に見つかることもないだろう。
カナヲの姉
カナヲの姉
ぐぅぅ~~~~!!(お腹がなる)
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
あっ!お姉ちゃんこれ食べて!!
私は、逃げるときに持ってきたおにぎりを
お姉ちゃんに渡した。
カナヲの姉
カナヲの姉
あ、ありがとう
カナヲの姉
カナヲの姉
モグモグ
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
モグモグ

私達は山の中にあった空き家に入った






















作者
作者
みなさんこんにちは!!
今回の話しはこんな感じです!

作者
作者
短くてごめんなさいm(_ _)m
作者
作者
では、また会いましょう!!
バイバーイ( `・∀・´)ノ