無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

やっぱ優しくない
深田先輩
深田先輩
おはよぉ!
私
おはようございます!
深田先輩
深田先輩
昨日大丈夫だった?
私
あ、はい何とか!
深田先輩
深田先輩
あの鬼部長にいじめられなかった?
中村部長
中村部長
誰が鬼部長だ
ギクッ。背後に部長がいた
深田先輩
深田先輩
ジョークですよジョーク
中村部長
中村部長
おい、資料は良くなっているがまだまだだ
私
す、すみません
中村部長
中村部長
仕方ない。今日から俺がお前を指導する
私
え?
深田先輩
深田先輩
え?
深田先輩
深田先輩
指導なら私がしますよ!
中村部長
中村部長
お前は甘いからな。
中村部長
中村部長
こいつは俺が鍛える
私
あ、あ、よろしくお願いします!
深田先輩
深田先輩
おおおお!やる気だなぁ
私
(ホントは優しい。なら大丈夫)
余裕ぶっこいて、後で後悔することをこの時私は知らなかった……
中村部長
中村部長
おいそこはこうしろっていってるだろ
中村部長
中村部長
お前は細すぎる
中村部長
中村部長
違う違う!
中村部長
中村部長
はぁ、
私
す、すみません
中村部長
中村部長
謝るより手を動かせ
私
は、はい……
--------------------------------
深田先輩
深田先輩
大丈夫かなぁあの子
伊藤先輩
伊藤先輩
どうかしたんですか
深田先輩
深田先輩
あ!伊藤くん。
深田先輩
深田先輩
〇〇ちゃんがね、今鬼部長の指導を受けてる
伊藤先輩
伊藤先輩
え?あ……
深田先輩
深田先輩
部長が自分から指導するとか今までにあった?
深田先輩
深田先輩
よっぽど〇〇ちゃんに何か感じるんだろうね
伊藤先輩
伊藤先輩
そ、そうですね……
--------------------------------
私
お、終わった……
中村部長
中村部長
まぁ頑張ったな
中村部長
中村部長
でもこれで終わりじゃないからな
中村部長
中村部長
仕事を舐めるなよ
私
は、はい
気づいたらもう4時間過ぎていた
今は1時
深田先輩
深田先輩
終わったかぁ!
恭子さんが駆け寄ってきた
深田先輩
深田先輩
んじゃお昼行くよ!
私
は、はい!
食堂でまたナポリタンを食べる
深田先輩
深田先輩
どうだった?鬼部長の指導
私
厳しかったんですけど分かりやすかったです
深田先輩
深田先輩
そっかァ。
深田先輩
深田先輩
いやあはじめてなんだよね
私
ん?
深田先輩
深田先輩
あの鬼部長が自ら指導するの
私
えっ。
中村部長
中村部長
だから誰が鬼だ
深田先輩
深田先輩
わ!
また背後からやってきた
中村部長
中村部長
おい〇〇。お前はすぐは深田と消えてくからな
中村部長
中村部長
連絡先教えろ
深田先輩
深田先輩
え?
私
え、はい!
私は部長と連絡先を交換した
そして部長は歩いていった
私
どうかしたんですか
深田先輩
深田先輩
いやぁ個人の連絡先教えるのはじめてみた
私
え!
深田先輩
深田先輩
まぁ私は同期とかで昔交換したりして持ってるんだけど
深田先輩
深田先輩
後輩に教えてるのは今初めて見た
私
ええええ!
深田先輩
深田先輩
まぁ目つけられてるんだね✨
私
まじですか……
私
(大丈夫かなぁこれから、私は)
深田先輩
深田先輩
ま!部長ホントは優しいから
深田先輩
深田先輩
あ、もうこんな時間!戻ろ!
廊下を歩いていると目の前から流星が来た
私
すみません。恭子さん先戻ってて貰えますか
深田先輩
深田先輩
お!りょうかい!
恭子さんは先に戻っていく
横浜くん
横浜くん
あッ。、
流星は目をそらす
私は流星に近ずいて
私
昨日はごめん。
私
ちゃんと話したい
私
だから今日の帰りご飯でも行こ
流星は目を見開いて
うんっと頷いた
部署に戻ると
中村部長
中村部長
おい、午後も指導だからな
私
は、はい
指導を受けて思った。
恭子さんは優しいって言ってたけど
昨日のラーメンの時優しいって感じたけど
やっぱ優しくない。本当の鬼だあーーーーー