無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

その頃あの方達は
深田先輩
深田先輩
いいなぁ今頃〇〇ちゃん達はタイ
横浜くん
横浜くん
タイかぁ行ったことないなぁ
深田先輩
深田先輩
私辛いの好きだからもうパラダイス!
横浜くん
横浜くん
え俺も好きですよ!辛いの!
深田先輩
深田先輩
ねぇ私たち趣味合いすぎ!
横浜くん
横浜くん
ほんとっすね!
深田先輩
深田先輩
じゃあ帰り!
横浜くん
横浜くん
辛いの食べに行こう!
生瀬本部長
生瀬本部長
おい、横浜
生瀬本部長
生瀬本部長
彼女に会いに来るのはいいが
生瀬本部長
生瀬本部長
声量を下げなさい
横浜くん
横浜くん
すすすみません
恭子さんと流星はもう社内のバカップルで有名
うらやましいなぁ。
美男美女だよね
絶えず絶えず噂が流れる
------------------------------------------------
深田先輩
深田先輩
からっ!
横浜くん
横浜くん
う、!!からい
深田先輩
深田先輩
だけど、
横浜くん
横浜くん
でも、
深田先輩
深田先輩
美味しい!
横浜くん
横浜くん
うまい!
2人は見合って笑う
深田先輩
深田先輩
あのさこの後時間ある?
横浜くん
横浜くん
いくらでも!
深田先輩
深田先輩
この映画見たいんだァ
チラシを見せる
横浜くん
横浜くん
え、ホラー……
深田先輩
深田先輩
ぇぇえ流星苦手なの!?
横浜くん
横浜くん
ににににににがてじゃ、ないっす!
本当は苦手なんだよなぁ
そして映画を見る
深田先輩
深田先輩
きゃ!
横浜くん
横浜くん
うわぁ!!!!!
------------------------------------------------
深田先輩
深田先輩
やばい最高だった!
横浜くん
横浜くん
そそそそうですね……
深田先輩
深田先輩
怖がっちゃって……
ツンツンと流星のほっぺをつつく
すると
がしっ!
流星がその腕を掴む
横浜くん
横浜くん
恭子さん次は俺のお願い聞いてくれますか
深田先輩
深田先輩
え、あ、うん
そして流星は自分の部屋に連れていく
そして恭子さんをベットに倒す
深田先輩
深田先輩
え、!?
横浜くん
横浜くん
俺だって男です
そう言って流星はキスをする
----------------
目覚めると流星が隣に寝ている
深田先輩
深田先輩
あ、私たち……
横浜くん
横浜くん
おはよう、恭子さん
後ろから抱きつく流星
深田先輩
深田先輩
おはよう流星
今日は休み。私たちはずっとくっついてた